こんにちは、321HOUSEの新谷です。

 

長く感じる梅雨がそろそろ終わりをむかえそうですね!

そんな梅雨の時期に家を建てるタイミングが被ってしまう方も今の時代多いと思います。

梅雨時期に家を建てるのは問題ないのか?と気になりますよね、、

結論、現在では問題ないとされています。

 

木材の場合、濡れないに濡れない方がベターではありますが、きちんと乾燥させれば問題がないためです。

ただし、注意するべき点もあります。次で詳しく解説します。

 

梅雨時期の場合、雨で木材が濡れる心配がありますが、雨で濡れた場合でも、木材をきちんと乾燥させていれば、問題なく工事が進められます。

現在では雨漏れ対策として、屋根をすぐにかけ、防水シートまですることも多く雨が問題になる日にちは1日程度しかないケースが一般的です。

 

ただ注意点もあり、現場では危険を伴う作業も多い為、雨が強い場合などは安全を考慮し工事を遅延させる事もあります。

とはいえ、雨天などの場合も考慮して工程が組まれることが多いため、大幅に工事が遅延するということは少ないです。

 

「木材が濡れても問題ない」といっても、不安な気持ちが消えない、、、、

そのような場合は、施工会社に「雨の日はしっかりと養生してほしい」と連絡を入れれば対応してくれるところがほとんどです!

 

321HOUSEでは養生は常にしている為心配はいりませんが、雨の日の養生は施工会社によって差があり、

どのような養生がされるかは、施工会社によって異なります。

事前にしっかりと把握しておくことで安心して工事を任せられるでしょう。

 

こちらから321HOUSEでの現場の写真を見ることも出来るので、施工事例も合わせてご覧ください!

只今7月のイベント期間中でもあります。何でも相談できる321cafeイベントも随時行っているので、

ご興味ある方はご予約お待ちしております!

 

それでは、今日も一日お疲れ様でした~


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全172ページ中)