こんにちは、紙谷です。

 

 

 

2月も8日になりましたね〜。

 

暖冬もあって、朝は寒いけど日中は暖かい事が多いですね。

 

風が吹くと手が悴むので大変ですが。

 

それでも寒すぎないのは助かりますねー。

 

 

 

 

 

今日は床について話します。

 

ミツイハウスでは無垢の杉板をフローリングで採用しています。

 

現場レポートでも施工時の写真を掲載しています。

 

フローリングは何枚も繋げて仕上げていきますが、今日は繋げ方、設置の施工方法を話します。

 

 

 

杉板には1枚1枚に凸凹がついています。

 

 

写真右の凸、真ん中から左にかけての凹みの事です。

 

 

このように杉板同士が重なるようになっています。

 

これを1枚ずつ丁寧に重ねていくと床が出来上がります。

 

 

大工さんが手作業で丁寧に仕上げていきます。

 

止め方は杉板を重ねる前に1枚ずつビス止め、ボンド付けを行なっています。

 

こうして出来上がるのが

 

 

このようなおしゃれで自然を感じられるフローリングになります。

 

この上には工事完成まで傷が付かないように養生をしていきます。

 

 

 

建築では凸凹になっている部分の凸を「オス」、凹を「メス」といい、

これの組み合わせの事を『実(さね)』と呼びます。

 

 

そして床の長さ、部屋の長さに合わせて綺麗にカットもしています。

 

 

 

それでは紙谷でした。

 


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全172ページ中)