営業スタッフ 自己紹介へ

ガレージハウス

2023/07/11(火) Staff 森﨑のブログ

こんにちは、森崎です。

今回はSNS等でも人気の ガレージハウス について書いてみようと思います。

 

ガレージハウスとはその名の通り、建物の中にガレージが組み込まれた家です。

個人的なイメージは、1階がガレージで、2階、3階が住居、という形。

街中など駐車スペースと建物と、両方を十分に取る事が難しい広さの敷地で
家を建てようと考えた時にとるための、王道パターン(?)です。

もしくは2階建ての大豪邸。。とかでしょうか。。

(あくまでも勝手なイメージです!^^;)

どちらにしても321HOUSEのお客様方からは あまりお聞きしないご要望です。


ガレージと建物がつながっていると、雨にぬれず建物内に入る事ができるのが大きなメリットだと思います。

濡らしたくない荷物があるときでも傘を差す必要がなく、濡れる心配なく運べるのも嬉しいですよね。

それに“屋根のある土間のスペース”は、雨の日でもアウトドア用品などのメンテナンスや、子供たちが外で遊べる空間にもなってくれます。

もちろん、車だけではなく、バイクや自転車など、外に置いておきたくない乗り物を停めておくことも出来、
防犯性も高まります◎

 

そんなメリットを、321HOUSEでは 平屋 で叶えることが出来ます。

321HOUSEの施工事例でも人気のこちらのお家。

“ビルトイン”ではないですが、こちらも立派なガレージハウス。

多少の雨なら濡れずに玄関に入れます。

そして室内側から見るとこんな感じ。

おしゃれなお家~!^^

ガレージに面して窓を配置すると、室内から車庫の状況も確認できますし、
玄関を通さずに荷物の運び入れができるのも良いですよね◎

玄関土間スペースも広々とっているので、ベビーカーや大事な自転車も室内く事が可能です。

自転車を壁にかけて収納すると、1台分の床スペースしか使用しないので玄関もより広く使えます◎

 

続いてこちらも人気の事例。

こちらはシャッターも設置したガレージハウス。

シャッターまで設置すれば防犯性も高まります。

室内側からもガレージ内を見る事ができ、シャッターを閉じると“室内”なので、

玄関土間も広く感じます。

 

シャッターを設置する場合は、サイズはもちろん、デザイン、巻き方、電動、手動、などなど種類がたくさん。

設置するシャッターによっても外観の雰囲気が変わりそうです✨

 

最後にもう1件。

まだ施工事例にはUPしていませんが、今年お引渡ししたお家です。

(全体が分かる外観画像が外構工事途中の画像しか無くすみません。。)

こちらのお家はお施主様の大事なバイクのためのインナーガレージをつくりました。

こちらは玄関側からではなくガレージ側から見た室内。

緑のドアがアクセントになってますね^^✨

 

最近は電動自転車や、ロードバイクなど、外に置きたくないアイテム(?)をお持ちの方も増えてきたと思います。

注文住宅をお考えの方、インナーガレージはコストや広さ的に心配なイメージもあると思いますが、
まずはぜひ一度ご相談くださいね^^

 

さてさて。そろそろ梅雨が明けそうな感じですね。

そして梅雨が終わるとあつーーーーい夏がやってきますね。。

(すでに暑い日もありますが。。)

夏休みが始まる前の3連休。ご予定はお決まりでしょうか?

現在東広島市内のモデルハウスではキャンペーン実施中★

皆さまのご来場お待ちしております♪\(^^)/

 

▶モデルハウスキャンペーンはこちら

ガレージハウスの施工事例

▶1例目はこちら(シャッターなし)

▶2例目はこちら(シャッターあり)

 

 

1ページ (全166ページ中)