こんにちは〜紙谷です。

 

 

 

また一段と寒くなりましたね〜。

 

先日、出勤しようと車に向かうとフロントガラスが凍っていて、すごい焦りました。

 

まだいらないかなと思っていたのですが、その日の夜に解氷スプレーを買いに行きました。

 

皆さんも早めの冬季対策を。

 

 

 

 

 

今週は先週に続いて「屋根」について話そうかなと思います。

 

先週は屋根の板まで話しました。

 

今週は仕上げとなる板金屋根についてです。

 

 

 

屋根の板に板金を設置するのではなく、まず『防鼠材(ぼうそざい)』と呼ばれる物を取り付けます。

 

 

写真の中の柵状になっている物が『防鼠材』です。

 

前回通気層を作ったので、そこの間を塞ぐために行なっています。

 

そして次は防水処理です。

 

『アスファルトルーフィング』という物を使用していきます。

 

 

これで防水処理はOKです。

 

次は板金仕上げです。

 

この板金仕上げですが、1つ1つ重ねて作っていきます。

 

私は最初、元々カットされていてそれを組み立てると思っていました。

 

ですが実は1つ1つ職人さんが手作業で折ったり、カットしているのです。

 

1つ1つ手作業で作り、それをまた手作業で重ねていく。本当にすごいですよね。

 

 

これで板金屋根は完成です。

 

すごい綺麗ですね〜。職人さんって本当にすごいですね〜。

 

 

 

皆さんも是非、屋根について調べてみてください〜。

 

それではまた来週〜紙谷でした〜。

 


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全173ページ中)