こんにちは、紙谷です。

 

 

 

5月も終わり頃になりましたね〜。

 

最近は30℃手前まで気温が上がり、熱で体がやられるようになりました。

 

しっかり水分補給をして、倒れないように気をつけましょう〜。

 

 

 

 

 

今日は建築工事で使用される「ビス」について話をしようかなと思います。

 

よく間違える物として、「釘」と「ビス」があります。

 

釘とビス、どちらも良く聞くと思いますが全くの別物になります。

 

 

この画像を見てもらうと、釘にはギザギザがありません。

 

これが釘とビスの違いです(^ ^)

 

 

 

ビスは大きく分けて2タイプあり、全ネジと半ネジがあります。

 

 

そしてビスの種類は10種類以上あります。

 

コーススレッド、ボードビス、コンパネビス、垂木用ビスなどさまざまなビスがあります。

 

そして色々と用途、ポイントがあり用途にあったビスを使う必要があります。

 

DIYをする機会などがありましたら、今日の内容参考にしてください。

 

 

 

木材同士だとコーススレッド呼ばれるビスが良いです。がそこで全ネジ、半ネジにするかも大事になってきます。

 

 

半ネジだと上部は螺旋がないので下の木材を引っ張り接続します。

全ネジだと全部に螺旋があるので、隙間が出来てくっつかない場合があります。

 

ですが、お互いにメリットもありデメリットもあります。

 

ビスは奥が深いです( `ω´)

 

皆さんもぜひ調べてみてください。

 

 

 

それでは紙谷でした〜。

 


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全175ページ中)