こんにちは、321HOUSEの新谷です。

 

今回は玄関ドアについて書きます! 

新築やリフォームにおいて重要な要素です。玄関ドアの選び方には、開き戸と引き戸の2つの主要な種類があり

それぞれの特徴と選び方を見てみましょう。

【開き戸】

開き戸は、ドアを押したり引いたりして開閉するタイプです。

狭いスペースにも設置可能で、特にマンションや都市部の住宅に多く見られます。

 

高い気密性と防犯性を持ち、屋外側に開くデザインが一般的です。よく上がる特徴は

・断熱性と防犯性に優れる

・狭い開口部でも設置可能

・車椅子には不便 などがあります。

【引き戸】 引き戸は、横にスライドさせて開閉するタイプです。

  

車椅子やベビーカーの利用が容易です。特にバリアフリー住宅で採用されることが多いです。先ほどとは少し異なり

・断熱性と防犯性は開き戸にやや劣る

・広い開口部を確保可能

・車椅子や高齢者にも使いやすい などの特徴もあります。

 

ただ、それぞれ種類も数多いので、使い方に応じて選ぶことをオススメします(^^)/

 

ちなみに種類については以下にまとめておきます。

【開き戸の種類】

・片開きドア:1枚のドアが片側に開くタイプ。間口が狭い場合に適している。

・親子ドア:片開きドアに小さなドアを追加。間口が広い場合に豪華な印象を与える。

・袖付きドア(片袖・両袖):片開きドアの一方か両方に固定された袖がある。採光用のガラスが施されたオシャレなデザインも。

・両開きドア:左右両方が開くタイプで、解放感があり大型物の出し入れに便利。

【引き戸の種類】

・引き違い戸(2枚建):全てのドアがスライドする。スタンダードな形状。

・引き違い戸(4枚建):4枚の扉で広い開口部を確保できるが、価格やスペースに注意。

・両引き戸:2枚の扉が左右両方に開くタイプ。広い間口が必要。

 

玄関ドアを選ぶ際には、予算と玄関のサイズを考慮し、開き戸か引き戸のどちらが生活スタイルに合っているかで決めていきます。

その後、デザイン性や機能性(採光性、通風性、防犯性)を考慮して最適な玄関ドアを選びましょう!

321HOUSEでは幅広く対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

それでは、今日も一日お疲れ様でした!


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全174ページ中)