紙谷 創介 自己紹介へ

浄化槽設置工事

こんにちは〜、紙谷です。

 

 

 

10月も26日、もう少しで終わってしまいますね〜。

 

私は今朝、ジャンパーを着てミツイハウスへ向かいました。

 

まだ早いような気もしますが、理由は朝の「車の中」です。

 

車の中寒すぎます。ヒーターを付けても最初は寒い風ですし、、、

 

もう2ヶ月程したら、窓は凍って、道路も凍って朝からドタバタになります。

 

 

 

 

 

今日は『浄化槽の設置工事の流れ』を話そうかなと思います。

 

新築の住宅では良く見る機会のある、浄化槽。

 

でも、良く見るのは蓋だけです。

 

実際はどのように設置をしているのか。

 

 

 

浄化槽を設置する為に、まずは地面を掘ります。

 

そして、掘る深さがざっくりですが、2m弱です。

 

実は2m程、地面を掘ります!!

 

 

すごい深いですね〜。

 

そしてここに浄化槽を設置する為の土台、コンクリートを流していきます。

 

 

 

設置出来ました。

 

周りに掘った際に出た土で隙間を埋めています。

 

そして浄化槽と外部の配管を繋げます。

 

これで家庭内で出た排水が、外部の配管を通って浄化槽に流れつくようになります。

 

最後に蓋の高さに沿ってコンクリートで地面を作ります。

 

 

 

これで完成です。

 

蓋の周りをコンクリートの地面を作る事で、車などの重たい物が乗っても大丈夫になります。

 

 

 

簡単ですが、以上が浄化槽の設置工事の流れになります。

あまり見る機会のない浄化槽の設置工事ですが、住宅における大きな工事の1つです。

 

 

これからも寒さに負けずに頑張っていきます。

 

それでは紙谷でした〜。また来週〜。

 


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全174ページ中)