こんにちは、321HOUSEの新谷です。

 

盆休みが終えちょうどかぶっていた台風も通り過ぎていきましたね。

せっかくのお盆休みなのに、今年はちょっと残念なことに天気があまり良くない盆休みでしたね、、

これからは台風が増える季節ですので、家の庭木の台風対策について少しご紹介しましょう。

新築住宅であるあるなことが、植えたばかりの場合、根付いていないことが多いので、台風の際に風で持っていかれてしまうことです。

業者ではなく自分で植えた方はここ最近の大型台風に備えて、ちょっとした補強を行ったほうがいいかもしれません。

 

補強の方法はいくつかありますが、一番簡単そうなのは「ロープで縛る」方法!

これだけでも、過去の台風にはしっかりと耐えます。

3か所ほど鉄杭を打ち込んで太めのPPロープでしっかりと縛り付けます。これによって、風の力にも負けずに多少安心できます。

↓ 参考画像を拾ってきました ↓

ロープはなるべく高い位置へ。こうすることで、木が風に揺れたときにも適切に力を逃がせるようになります。

また、杭を使わずに建物や塀などしっかりしたものに縛り付けることもできますが、雨樋などは壊れる可能性があるため、注意が必要です。

 

必要な道具は、鉄杭と太めのPPロープだけです。鉄杭はホームセンターなどで手に入りますし、長めのものを選ぶと安定感があります。

 

植え付け後、木が倒れないように支えるための支柱を建てる方法もあります!

ただ自然な樹形を大切にしたい花方にはお勧めできないので、その時は土の中に杭を打ち込み、

木の根元にロープを掛けて支える方法とれば、支柱が目立たずに済みますよ!

 

最近はさまざまな災害が増えていますので、庭木の為以外でも防災グッズに

鉄杭とPPロープを追加することもおすすめします。どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

今日も一日お疲れ様でした~

 

 


最新のイベント情報はこちらから

広島で注文住宅を建てる321HOUSE


321HOUSEは各公式SNSからも、建築事例やイベント情報を日々更新しています。

HPよりも手軽に早く、イベント情報や
お得な情報をGETしてください♪

   

 

 

1ページ (全175ページ中)