ページトップへ

「ソラマドの家」Higashi-hiroshima Model

ソラマドのモデルハウス

青空と暮らす家「ソラマドの家」

〈ソラマドの家〉の床は国産杉板で、主に近県の杉板を使用。杉板は空気を含み、夏はさらっとしてベトつかず、冬は暖かく過ごせる。柔らかいので小さなお子さまにとっても安心。壁は、ソラコッタという壁材を使っている。ソラコッタは日本の伝統工法である「漆喰」の一種で調湿機能も持ち、季節の変化に耐え、カビがつきにくい性質があります。ホルムアルデヒドなどの有害物質・有害ガスの発生がない自然素材で身体にも優しいことも大きなメリットです。

空に向かって開かれた開放的な家は、天気の日はもちろん気持ちがいいが、雨の日や雪の日もロマンチックな雰囲気があふれ、自然と共生するスローライフを体感でき、斜めに切り出した袖壁。空に突き出した薪ストーブの煙突がシンプルな箱型の造形に個性を添える。

 

 

 

庭には芝生と枕木で筧ぎの場に

広いピロティにブランコで遊び心満載

すべての空間がつながった開放的な家

浴室の全面窓はテラスに面し開放感あり

2階には無垢の木で作ったキッズハウス

洗面とトイレ、浴室はつながった空間